目的に応じて警備会社に警備を依頼しよう~サイトから見積もりOK~

警備会社に依頼する方法

警備会社に警備を依頼するのは難しくはありません。Web上にある警備会社のサイトで利用目的を選び、見積もりを出してからお願いするだけです。警備会社によって料金が違いますので何社か見比べてから依頼すると良いでしょう。

自主警備会社と委託警備会社の違いとは

自主警備会社とは

自主警備会社とは人員を使わず侵入が現れたら音や光で異変を知らせるシステムの事で「自主警備システム」とも言います。人件費がかからない分リーズナブルで、何もしないよりは犯罪の抑止に役立ちます。

委託警備会社とは

委託警備会社とは警備会社にガードや見回り、異変の際に駆けつけてもらうなど警備会社と契約して警備してもらうことを指します。自主警備システムと比べると人件費がかかる分料金も高めとなります。

目的に応じて警備会社に警備を依頼しよう~サイトから見積もりOK~

男性

警備会社を利用するメリット

警備会社に警備を委託するメリットは、安心と安全を得る点にあります。警備の人が見まわってくれる、警備の人が駆けつけてくれると思うだけでも気持ちが安心できるものです。防犯カメラなどの設置もプロ目線で設置してもらえるので、目的にあった防犯カメラの設置が可能です。また、自宅なら門の所、施設なら目立つところに契約の警備会社のステッカーが貼られるため、警備の人が来ると知られている分、防犯上でも犯罪の抑止になります。

警備員

警備会社が行なっているサービス内容

警備会社が行なっているサービス内容はドアの開け閉めや空間センサーで侵入者を感知する「防犯監視サービス」火災報知器などにより火災を知る「火災監視サービス」不審者の侵入や強盗、酔った人の対応などをする「非常通報サービス」設備に何かあった際に迅速に復旧作業に努める「設備監視サービス」などがあります。企業の場合は建物内を24時間警備しているケースや、警報機が鳴った時に何時でも飛んでくるなど決め細やかな対応が期待できるので安心できます。

失敗しない警備会社の選び方

警備会社にはいろいろな人が勤務しています。自分の家や会社を守るために依頼するのですから信用できる会社を選びたいものです。契約のやり取りはネットだけでは済まないので、警備会社に働いている人の人となりを見て、失敗しない警備会社を選ぶことです。

広告募集中