防犯効果が得られる監視カメラを自宅に導入しよう

防犯効果が得られる監視カメラを自宅に導入しよう

防犯カメラ

販売されている監視カメラの平均価格

家庭用に販売されている監視カメラの平均価格はリーズナブルなもので10,000円ぐらいから、高いもので50,000円ぐらいで購入可能です。一つの家庭で複数台設置するカメラの場合はカメラ5台ほどで100,000円前後になります。タイプとしては屋外カメラ、屋内カメラ、ダミーカメラ、ワイヤス監視カメラ、ネットワークカメラなど種類も豊富です。カメラの性能や機能によって価格が違ってくるので、目的によって選んでください。

監視カメラ

監視カメラを選ぶ時のポイント

防犯目的で監視カメラを選ぶ時は「防犯カメラタイプ」と「ネットワークカメラタイプ」に分かれます。防犯カメラタイプは、有線もしくは無線のワイヤレスタイプで、玄関やガレージ、店舗なら店員の目の届かないところや、トイレなどに設置して別室のモニターで監視します。このタイプには録画機能はついていないので外付けのHDを設置する必要があります。ネットワークカメラタイプはインターネット回線を利用するための監視カメラです。遠隔操作が可能で、留守番のペットを見守ることができたり、カメラのレンズを動かす事ができたりと使い方ひ幅が広がるので人気があります。

女性

通販でも購入が可能

監視カメラはインターネットの通販で購入する事も可能です。大手電気販売店のネット通販で取り扱っているケースもありますし、監視カメラや防犯カメラの専門通販業者もあります。価格帯や性能も様々で格安をウリにしているところもありますがあまり安すぎるカメラは性能的に信頼ができない事もあるため、口コミなども調べる事をお勧めします。また、カメラ本体は安くてもオプションが高かったり、他の機能がついていなかったりするので同じカメラの価格を何か所か比較すること安心です。

個人で設置する場合と業者に依頼して設置する場合の違い

監視カメラを個人で設置する場合

個人で監視カメラを設置する場合は、まず購入前に自分で取り付けられるレベルのものかどうかを確認してから購入しましょう。カメラを買っただけでは設置できないので合わせて工具をそろえる事もおすすめします。業者ならどんなカメラでも取り付けてもらえますが、自分で取り付けなければならない分、技量が問われます。

監視カメラ専門業者へ設置を依頼する場合

監視カメラ専門業者へ設置を依頼する場合は、まずカメラを選び見積もりを出してから、工事を依頼します。目的は分かっているけど、カメラの種類がわからない場合でもプロ目線で選んでもらえるので安心です。

広告募集中