防犯効果が高い監視カメラ【設置には専門家の意見を参考にしよう】

監視カメラ

監視カメラにも様々なタイプのものがある

監視カメラには施設や用途によって様々なタイプがあります。例えば「防犯カメラ」らしい形をしあ「ボックスタイプ」はその見た目から犯罪抑止の効果があるため、オフィスの入り口や店舗などに設置されています。警備会社と連動しているケースもあります。逆に目立たないタイプの防犯カメラは天井などに設置する「ドーム型」です。景観を損なわないためショッピングモールや公共施設などで利用されます。この他にも屋外や夜間でも使える「パレットタイプ」や高性能カメラのついた「PTZタイプ」があります。

監視カメラ

進化し続ける監視カメラの性能について

監視カメラは日々進化し続けています。例えば昔の夜間の監視カメラはかろうじて人の姿を判別できるだけでしたが、最近主流のネットワークカメラの暗視撮影だと人体を感知し、服の色や表情まで分かるようになっています。また、暗視撮影は夜間の駐車場管理やオフィス内の監視システムが飛躍的に向上しました。もっと身近な使い方だと個人宅用で自宅にいるペットの見守りや、高齢者の見守りも可能です。警備会社と連動しているカメラなら安全対策にもなります。

防犯カメラ

監視カメラの設置が多い場所

監視カメラの設置場所は実に様々です。例えば一般家庭は空き巣などの防犯目的に屋根の下やガレージに設置しますし、店舗などは万引き防止のために店内やトイレに設置します。また、オフィスの場合は玄関の受付や社内の廊下など外部と内部、両方を監視する目的で設置されています。またエレベーターに設置されている事も多く、何かあれば警備会社が飛んでくるシステムとなっているケースもあります。

防犯

設置の時に気をつけるポイント

監視カメラを設置するとき手の届かない場所は目ただない場所に設置すればいいというわけはありません。例えば配線との導線を考え、いざというときにメンテナンスがしやす場所でないといけません。また目的もなく設置しても防犯効果が全く期待できないケースもあります。高性能なカメラを購入しても全く役に立たない場合もあるので、警備会社などで相談してみるのも良いでしょう。

監視カメラを設置する場合と警備会社に依頼する場合の違い

監視カメラを自分で設置する場合

監視カメラを自分で設置する場合は、設置の場所や配線に気を付けないといけません。また、設置に必要な脚立や絶縁テープ、パテなどが必要となりますが、DIYに慣れている人なら比較的簡単に取り付けられるでしょう。難しい場合は警備会社に依頼しましょう。

監視カメラを警備会社に依頼する場合

監視カメラを警備会社に依頼する場合は費用こそ掛かりますが、どこにどのような目的で設置したらいいかプロ目線で見てもらえるので安心できます。また、何かあったときには駆けつけてもらうサービスもあるのでおすすめです。

監視カメラの設置は専門業者へ依頼

監視カメラは警備会社でなく専門の業者へ設置を依頼することも可能です。インターネットで業者を探し、目的の監視カメラを選び見積もりを出して工事に来てもらいます。オプションで通報機能や煙探知機能なども付けられるので合わせて検討してみるの良いでしょう。

監視カメラ設置工事でよくある質問

防犯カメラ

監視カメラのシステムの導入はハードルが高い気がする

一般家庭でも店舗でも監視カメラを設置する場合は監視カメラとモニター、そして録画機を接続するだけなので難しい事はありません。自分で取り付けるよりは警備会社に相談するか、監視カメラ設置専門業者に依頼することをおすすめします。

広告募集中